オバヒガイジのポケモンブログ

ポケモンの構築を書きます

【S5最高最終2105】萎え萎えカバリザスタン【最終48位】

【構築経緯】
エスパーの一貫を切っていない対面寄りの構築が増加傾向にあると感じスカーフテテフを通す目的とした構築を組んだ。
そこでテテフが止まる鋼に対して大きく圧力をかけられるカバリザを採用。
カバリザだけではカバルドン+鋼のような並びを崩すことが困難であるためカバルドン展開及び受けルへの解答として挑発悪巧みボルトロスを採用した。

f:id:masqueradepoke:20170912004812j:plain

【単体紹介】


f:id:masqueradepoke:20170911232626g:plain

リザードン@リザードナイトY

調整、技構成は前回記事と全く同じものであるため省略法

PTの炎枠。
襷以外のギルガルドナットレイテッカグヤメタグロス等メジャーな鋼に対し圧力を掛けられると思い採用。
今期はリザXが多かったせいか何回かゴツメカバルドンを後投げされてEASY WINが出来た。
環境に一定数存在したカバガルに強いのも良かった。

f:id:masqueradepoke:20170911234825g:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

性格:腕白

特性:砂起こし

実数値:215-132-187-×-93-67

技構成:じしん、まもる、なまける、あくび

PTの物理受け。
バシャーモメタグロス、ガルーラに対して安定して後投げが出来る。
カバルドンの守るは自分にしか見えない勝ち筋を作り出すことの出来る非常に強力な技だったが、浮いている相手に対する打点が全くなく、起点になりやすいため注意して立ち回る必要がある。

f:id:masqueradepoke:20170911235829g:plain

カプ・テテフ@こだわりスカーフ

性格:控えめ

特性:サイコメイカー

実数値:145-×-95-200-135-146

技構成:サイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール

このPTの軸。
基本的にカバリザや後述のボルトロスで崩しを行い一貫を作ることを意識して立ち回るが、余裕が無いときは交代を読んで技を当て自ら一貫を作っていく動きをすることもあった。
悠長な行動を許さないポケモンであるため相手の動きが非常に解りやすく積極的に強気な行動を取ることが出来た。


f:id:masqueradepoke:20170912000806g:plain

霊獣ボルトロス@デンキZ

性格:臆病

特性:蓄電

実数値:155-×-90-197- 100-168

技構成:10万ボルト、めざめるパワー(氷)、悪巧み、挑発

カバルドングライオン絡みの並びを崩す枠。
カバルドングライオンは地面技以外のウェポンを切っている場合が多く役割対象に合わせて悪巧みを積むだけでゲームが終わることも少なくなかった。
持ち物は皮を剥いだミミッキュアシレーヌカプ・レヒレをワンパン出来るデンキZ。


f:id:masqueradepoke:20170912002712g:plain

キノガッサ@きあいのタスキ

性格:陽気

特性:テクニシャン

実数値:135-182- 100-x-81-134

技構成:種マシンガン、胞子、岩石封じ、マッハパンチ

初手の選出誘導が非常に強力なポケモン
基本的にどのPTでも対策されていたが対策が薄いと感じた時にはこのポケモンを通すことを意識して試合展開を考えることもあった。
眠りターンや種ガンの回数など運要素が大きく絡むため不安定ではあったが非常に強力なポケモンだった。

f:id:masqueradepoke:20170912003223g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

前回記事と同様であるため省略

裏メガ。
たくさんひるませてくれました。

【基本選出】

カプ・テテフ@2
キノガッサ@2

環境の構築が多様化していたためこれといった基本選出は無く選出画面で刺さり見て判断していた。


【反省】
終盤に増えたバレルドランが怯み以外で崩せません。
メジャーな並びがキツいと感じた時点でポケモンの技構成及び調整をよく考え直すべきでした。

【S4最終2138】蜂火連天コントロール【最終16位】

・構築経緯
最初はリザードンYを通す並びを使いたいと思い組んだ。
リザYを通す上で弊害となるステルスロック持ちの多くを上から縛り、後続にも大きな圧力をかけられる水Zゲッコウガを起用
回している内に水Zゲッコウガが想像以上に刺さっていると感じたためPT単位で水Zゲッコウガを通す形に変更した。

リザYとゲッコウガの2体ではカプ・コケコに弱すぎるため対面操作をしつつ、カプ・コケコに対してある程度の後出しが安定するHDオボンランドロスを採用した。
ここまで重いロトムポリゴン2+鋼のサイクルに対して大きな負荷を与えることが出来る駒として眼鏡カプ・テテフを組み込み、ウツロイド入り等のリザードンが出せないときのメガ枠としてゲッコウガとの攻撃補完に優れゴツメカバ等を誘うメガメタグロスを採用。
最後に重いメガギャラドスや催眠の牽制、終盤のスイーパーとしてカプ・コケコが挙がった。

f:id:masqueradepoke:20170718054720j:plain

・単体紹介

f:id:masqueradepoke:20170718055547g:plain

リザードン@リザードナイトY

技構成:かえんほうしゃソーラービーム、めざめるパワー氷、オーバーヒート

性格:控えめ

特性:日照り

http://hakusyakuku.hatenablog.com/entry/2017/03/22/213718←調整はこちらの記事を参考にさせて頂いた

環境に多いメガシンカ枠であるボーマンダメタグロスとの偶発対面で強気に行動出来るよう耐久振り。
制圧力が非常に高く、有利対面で放射を押しているだけで終わった試合も少なくなかった。



f:id:masqueradepoke:20170718062014g:plain

ゲッコウガ@ミズZ

技構成:ハイドロカノン、めざめるパワー炎、冷凍ビーム、水手裏剣

性格:臆病

特性:へんげんじざい

実数値:147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

この構築の軸。
如何にこのポケモンを通すか考えて立ち回る。
水技と前述のリザードンの日照りがアンチシナジーに見えるが先発起用が多かっためあまり気にならなかった。
ハイドロポンプZではメガバシャーモの守るやテッカグヤに対するダメージが不安なため水技にはハイドロカノンを採用した。
ハイドロカノンZと手裏剣×2で守ったメガ馬車がだいたい死ぬ。
環境に馬車バトンやマンダナットが非常に多くとても通りが良かった。

f:id:masqueradepoke:20170718064009g:plain

ランドロス@オボンのみ

技構成:じしん、がんせきふうじ、とんぼがえり、ステルスロック

性格:しんちょう

特性:いかく

実数値:196(252)‐166(4)‐112(12)‐/‐143(236)‐112(4)

コケコ受け兼クッション。
このポケモンの後攻蜻蛉からゲッコウガリザードン、カプテテフの火力を押し付けていく動きが非常に強力だった。
特殊耐久はコケコのめざ氷をオボン込みで2耐えできる程度。
ギルガルドの霊Zやメガネヒードランに対しても受け出しが効くため後述のテテフと非常に相性が良かった

f:id:masqueradepoke:20170718065003g:plain

カプ・テテフ@こだわりメガネ

技構成:サイコキネシスサイコショック、10万ボルト(シャドーボール)、ムーンフォース

性格:控えめ

特性:サイコメーカー

実数値:175(236)-×-103(60)-194(212)-135-115

崩し枠
ポリ2等の数値受けに対して強気で立ち回る事が出来る。
鈍足鋼でこのポケモンを見ているPTに対してはDダウンを引いた瞬間ゲームが終わる。
受けルもこのポケモンで崩していた。


f:id:masqueradepoke:20170718065938g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

技構成:アイアンヘッド、れいとうパンチ、かみなりパンチ、地震

性格:ようき

特性:かたいツメ

実数値:155-197(252)-170-×-131(4)-178(252)

運勝ち製造マシン。
補完枠ではあるが想像以上に選出機会が多く役割を絞るより範囲を広めたほうがいいと思いこの構成。
対面性能の高さと広い技範囲から明確な受けポケモンがいないPTに対しては圧倒的な強さを誇った。
カプ・テテフのムンフォに後出ししてきたメタグロスに受け出して地震で処理したり、ギルガルド地震を撃ってカプ・テテフのサイキネ圏内に入れるといった動きが非常に強力だった。


f:id:masqueradepoke:20170718070718g:plain


カプ・コケコ@こだわりスカーフ

技構成:ワイルドボルトボルトチェンジブレイブバード、とんぼ返り

性格:陽気

特性:エレキメイカー

実数値:145-167(252)-106(4)-103-95-200(252)

素早さの暴力
催眠対策兼ストッパー兼スイーパー。
ゲンガーやウルガモスに対するダメージを意識して物理型で採用。
体力管理が難しいのがネックであったが突っ張るゲンガーをだいたい狩ることが出来たため正解だったと思う。
ガブリアスゲッコウガに対して安心して蜻蛉を押せるのも魅力の一つ。


・最終結
Arrancarロム2138
かめんロム2120
f:id:masqueradepoke:20170718130904j:plain
f:id:masqueradepoke:20170718130919j:plain

【2ロム2100到達構築】眼鏡レヒレ軸サイクル【最終2132】

皆さんお久しぶりです。
サンムーンが発売されてから初めてのレーティングバトルであるS1が終了しましたね。
需要があるかは怪しいところではありますがほぼ自己満足で構築を紹介したいと思います。



・個別紹介

f:id:masqueradepoke:20170117050837g:plain

カプ・レヒレ@拘り眼鏡

特性:ミストメイカー

性格:控えめ

技構成:ハイドロポンプなみのりムーンフォース、冷凍ビーム

実数値:177-×-139-156-151-107

今回の構築のスタート。
環境に多いガブリアスマンムーパルシェンギャラドス等のポケモンに対面から大きな圧力を掛けられると思い採用。
耐久と耐性が素晴らしく、Z技以外で弱点をつかれても大抵は耐えるので不利対面でもある程度無理矢理居座ることが出来る。また、ミストメイカーによって状態異常に頼った戦法に非常に強いため簡易的なサポートとしても機能した。

f:id:masqueradepoke:20170117052146g:plain

マンムー@突撃チョッキ

特性:雪隠れ

性格:意地っ張り

技構成:氷柱針、氷の礫、地震、地割れ

実数値:191-180-101-×-112-113

レヒレが電気と対面した時の引き先として採用。
電気に対して後投げから確実に仕事をするためにチョッキ。地割れはほぼポリ2ピンポイント。
ミストメイカーにより鬼火や催眠術を無効化できるためゲンガーやデンジュモクに対してかなり強気に立ち回ることができた。
氷の礫によって削れたガブリアスボーマンダを縛れるのも大きい。

f:id:masqueradepoke:20170117053839g:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

性格:陽気

技構成:捨て身タックル、竜の舞、羽休め、地震(炎の牙)

実数値:195-167-151-x-132-171

マンムーレヒレとの補完に優れたメガ枠。
今シーズン最強メガ枠の一角であるため、メタが厳しく上位では選出し辛かったが逆にメタの薄い構築には滅法強く、有利対面を取っただけでゲームが終わることも少なくはなかった。
この構築のマンダは舞わないと弱いため舞える相手を少しでも増やすために耐久振り。
最後の一枠は基本的に地震が推奨されるが、テッカグヤ入りにも選出出来るよう終盤は炎牙で使用した。

f:id:masqueradepoke:20170117055013g:plain

カプ・コケコ@デンキZ

特性:エレキメイカー

性格:臆病

技構成:10万ボルト、マジカルシャイン、ほえる(身代わり)、挑発

実数値:145-x-106-147-95-200

テッカグヤ対策兼展開阻止。
テッカグヤ入りや壁パに対してはとりあえず思考停止で投げて行ける。グロス、マンダ、ガルーラ、メガハッサム等を一撃で処理するため持ち物はデンキZ。
イーブイオニゴーリ用に吠えるを採用していたが上位にイーブイは殆どおらず、オニゴーリへはラスワン対面になると機能しないので終盤はテッカグヤ+ガブリアス+ガルーラのような並びに強気に出れる身代わりを採用した。

f:id:masqueradepoke:20170117061416g:plain

テッカグヤ@食べ残し

特性:ビーストブースト

性格:陽気

技構成:ヘビーボンバー、みがわり、やどりぎのたね、守る(火炎放射)

実数値:204-121-123-x-122-124

この構築で唯一ガルーラをまともに見れるポケモン。ガルーラ入りには必ず選出する。出来るだけ多くのポケモンの上から宿みが出来るように最速で採用。一応ガブリアスマンムー等を見ることが出来るが役割集中で削られてしまうとガルーラを通してしまうため出来る限り慎重に扱う必要がある。
最初は守るを入れて採用していたがこちらの宿り木を入れる前に相手のテッカグヤに身代わりを貼られると詰んでしまうため終盤は放射を採用。

f:id:masqueradepoke:20170117061656g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ(襷)

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

技構成:剣の舞、じゃれつく、シャドークロー、かげうち

実数値:131-156-100-x-125-148

化けの皮による行動保証が非常に強力なポケモン
この構築で重いジバコイルやテッカグヤを迅速に処理するためゴーストZで採用。
様々な構築を誤魔化すことが出来るためとても扱いやすかった。
とりあえず適当に剣舞しておけば仕事が出来る。

・基本選出
対対面構築....カグヤレヒレ(コケコ)マンムー
ほぼガルーラが初手に出てくるのでカグヤを初手に出し相手の後続によってレヒレ及びマンムーを繰り出し負荷をかけていく。
相手の並びによってテッカグヤの処理が面倒であると感じた場合又は電気の通りが良い時はレヒレではなくコケコを選出する。


対サイクル....ミミッキュレヒレ(コケコ)マンダ
ミミッキュ、レヒレで相手のサイクルを崩しマンダを通すことを狙う。この場合ミミッキュとレヒレは相手の並び次第では雑に扱うほうが良い。
ポリゴン2+テッカグヤ等ミミッキュとレヒレで崩すのが難しいと判断したPTにはコケコを選出する

対雨....コケコマンムーレヒレ
基本的にミミッキュとレヒレを見て雨は選出されないのでハッサム+コケコ等の裏選出にも対応出来るようボルチェンを許さないマンムーをストッパーとして選出。仮に雨を選出された場合1枠腐ることになるがコケコ+レヒレで基本的に対応可能であるので問題ない。

対壁....コケコレヒレカグヤ
コケコから入り展開を阻止し、裏のガルーラ、エーフィをカグヤで詰める。

・キツいポケモン

オニゴーリ....誰か対策ください

腕白、呑気テッカグヤ....ミミッキュで無理矢理処理するルートが取りにくい

ジバコイル....カグヤが陽気なのでチョッキでなくとも放射2発で落とせない

エアームド....コケコに強いやつと並ばれた時点で無理

・結果
TNかめん/Arrancarで潜ってました

かめんロム(この後80ほど溶かしました。。。)
f:id:masqueradepoke:20170117064056j:plain

Arrancarロム
最終レートは2132最終順位は37位でした
f:id:masqueradepoke:20170117141953j:plain


・終わりに
Z技やメガシンカの仕様変更、フィールド特性の登場等未知の環境で手探りのシーズンになりましたがなんとか2ロムで2100を達成することが出来ました。S2からはバンクが解禁されるそうなので楽しみです。

【S17中盤使用構築】カバリザX【最高2072】

全体の並び
f:id:masqueradepoke:20160922204054j:plain

前回の記事と違うポケモンの型だけ軽く紹介します。
カバルドンゲッコウガジャローダは前回の記事と全く変わっていないのでそちらを参照してください。


f:id:masqueradepoke:20160922204457g:plain

リザードン@リザードナイトX

性格:意地っ張り

特性:もうか→かたいツメ

実数値:161-200-132-×106-144

技構成:ニトロチャージ、剣の舞、逆鱗、フレアドライブ(地震)

ニトチャが強かった。




f:id:masqueradepoke:20160922205345g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病

特性:ふゆう→かげふみ

実数値:135-×-106-222-115-200

技構成:シャドーボール、たたりめ、気合玉、道連れ

メガゲンガーから展開していく場合とジャローダカバルドン及び下記のボルトロスから展開していく場合のどちらにも対応できるようシャドボたたりめの両採用。
気合玉とシャドーボールだけでほぼ全てのポケモンに等倍以上の打点を持てるため技範囲はそこまで気にならなかったが身代わりが欲しかった 。



f:id:masqueradepoke:20160922210401g:plain

ボルトロス@たべのこし

性格:穏やか

特性:いたずらごころ

実数値:177-×-90-155-145-131

技構成:放電、毒々、守る、身代わり

普通の毒ボルト。
カバルドンと合わせて相手を削りながら状態異常を撒き、上のメガゲンガーで一掃するという動きは単純だがとても強力だった。




・後語り
割りと速い段階で21手前まで到達して調子に乗っていたところをほぼノンストップで1700台まで引きずり降ろされたので完全にメンタルが参ってしまいレリセして解散しました。
おそらく気合玉、毒などの不安定要素が多すぎたのが原因かと思われます。

最高では無いが一応溶かす直前の画像
f:id:masqueradepoke:20160922211656j:plain

【S17使用構築】晴れ時々天ノ邪鬼【最終2116】

初めまして。かめんと申します。

この度、実質的なORAS最後のシーズンであるS17に於て自身の最高レートを更新することができたので一つの区切りとして構築を紹介したいと思います。

他の強者の方々と比べると拙い構築記事になりますが気が向いた時に読んでくださると嬉しいです。

それではPTを紹介します。


f:id:masqueradepoke:20160914002946j:plain

全体的な並びはこのような形となっております。

ちなみに構築とは全く関係ありませんがメガリザードンY は僕が一番好きなメガシンカポケモンです。
滅茶苦茶かっこいいです。はい。


・個別紹介

f:id:masqueradepoke:20160914003645g:plain

リザードン@リザードンナイトY

特性:もうか→ひでり

性格:臆病

実数値:153-×-99-211-135-167

技構成:オーバーヒート、かえんほうしゃソーラービーム、身代わり

この構築の軸であり要。かっこよく、うつくしく、そして強い最高のポケモン。嫁枠。ガルーラに対する勝率を少しでも上げるためにCSに振り切っている。
この選択は正解で殆どのガルーラが対面からオーバーヒートで消し飛んでいった。(ADガルーラやめて)
身代わりはA特化ガルの猫不意及びメガクチートの不意撃ちで縛られないようにするため。
副産物としてクレセ、ポリ2の電磁波、キノガッサの胞子をかわすことが可能となり、結果としてガルクレセ、ポリクチと言った強力な並びに対して非常に有利に立ち回ることが出来た。
逆鱗で固定された意地鉢巻ガブリアスや鉢巻カイリューに対してワンチャン残せるのも魅力。
ガルクレセ、ポリクチ、ギルガルド入り等に対してはほぼ必ず選出していく。


f:id:masqueradepoke:20160914010116g:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

特性:すなおこし

性格:腕白

実数値:215-132-187-×93-67

技構成:あくび、地震、怠ける、岩石封じ

このPTの物理受けで所謂ゴツメ枠。
ひみつのちからや冷凍ビームを所持しているガルーラがスタンダードなものとなってから安易にガルーラに投げることは出来なくなったものの、リザードンが苦手とするスカーフガブリアスメガバシャーモに対するストッパー性能、流し性能はやはり非常に強力でリザードンから構築を組む上では欠かせないポケモンだと思っている。しかしながら役割集中によって物理ポケモンに突破されてしまうことも少なくなく、選出の際にはHP管理と後投げするタイミングに気を付ける必要があると感じた。
ちなみにこの構築におけるあくびは起点作りのためではなく、無理矢理メガリザードンYや後述のポケモンの有利対面を作り火力を押し付けていくためのものである。

f:id:masqueradepoke:20160914013039g:plain

ゲッコウガ@こだわりメガネ

特性:へんげんじざい

性格:臆病

実数値:147-×-88-155-91-191

技構成:冷凍ビーム、悪の波動、神通力、†ハイドロポンプ

クレセドランやラティハッサムヒードラン入りに対する駒として採用。
この構築最大の運勝ちポケモンであり最大の運負けポケモンでもある。こいつを選出した時はドロポンの命中によってだいたい勝敗が決していた。
よくドロポンを外したがその分悪波でよくスイクンを怯ませてきたので目を瞑ることにする。
神通力はフシギバナヘラクロス入りに対してeasy
winを狙うために採用。
使用感としてはゲッコウガというよりむしろ耐久を落としSの上がった眼鏡サザンドラのようなものであった。

f:id:masqueradepoke:20160914015747g:plain

ルカリオ@ルカリオナイト

特性:せいぎのこころ→てきおうりょく

性格:陽気

実数値:145-197-109-×-90-180

技構成:インファイトアイアンテールバレットパンチ、身代わり

上記のゲッコウガと攻撃面での補完が完璧でこの2匹を受け切れるポケモンはほぼ存在しない。
主な役割は選出画面で初手ガルーラを睨むこと。
身代わりはバシャーモ軸に対するeasywinを狙うこと、カバルドンと合わせてガルーラ+スカーフガブリアスの並びを詰めることが主な採用理由。
実際に無傷で身代わりを決めた瞬間に勝ちが決まるPTが多く、非常に気持ちが良かった。(守る切りバシャーモは犯罪)
神速ではなくバレットパンチなのはゲンガーに隙を見せないため。
選出率は最下位であったが、出せば必ず活躍するポケモンであった。

f:id:masqueradepoke:20160914022031g:plain

ニンフィア@ジャポのみ

特性:フェアリースキン

性格:控え目

実数値:201-×-113-145-151-84

技構成:ハイパーボイス、ねむる、瞑想、いびき

このPTの過労死枠兼受けル対策枠。重いポケモンはだいたいこのポケモンに任せている。(ボルトロス、剣舞ガブリアス、襷バシャーモ、身代わりメガマンダ等)
ジャポのみを持たせた主な理由はリザードンガブリアス対面での引き先として安定させるため。
仮に引き際に剣舞を詰まれたとしても耐えて襷を割り返り討ちに出来る。
HBに厚く割いたことでガブリアス地震×2の他にキノガッサのタネマシンガン×5、特化ボーマンダの捨て身タックルと言ったような大体の等倍物理技を耐えるようになり、一気に役割対象が広がった。
急所丸出しなのが唯一の弱点。


f:id:masqueradepoke:20160914024308g:plain

ジャローダ@きあいのタスキ

特性:あまのじゃく

性格:臆病

実数値:150-×-115-127-116-180

技構成:リーフストーム、蛇睨み、目覚めるパワー(岩)、ミラーコート

このPTの最大の勝ち筋であり間違いなく今期のMVP。
ミラーコートという技はとても強力で、初手に誘いやすい信用可能ゲッコウガヒートロトムヒードランに対して非常に刺さった。
かなりの割合で初手ガブリアスを誘う構築のためガブリアス入りにはほぼ必ず初手に選出する
攻撃しながら積めるという隙の少なさからステロを撒かせにくいのも特徴でありリザードンとの相性は非常に良好だった。
目覚めるパワー岩はガモス、アローにジャローダを一任しているPTが多かったため通りが良く正解だったと思う。
このポケモンで相手のPTをほぼ全壊に追い込んだ回数は数知れない。

・一応最終レートの画像
f:id:masqueradepoke:20160914032919j:plain



・最後に
遂にORASレートが終了しましたね。
目標を達成された方、運悪く思うような結果を出せなかった方など色々おられると思います。
自分としては最高2152、最終2116と今まで出してきた結果を大きく上回ることができ概ね満足はしていますが、目標としていた2200には届かず悔しい気持ちが無いかと言われれば嘘になります。
ただ全力で挑んだ結果であり、実力は出しきれたと自負しているため思い残すことはありません。

最後にORASで対戦してくださった全ての方々、構築の相談に乗ってくださった全ての方々へ

本当にありがとうございました
またSMで会いましょう

詳しい立ち回り等構築に関する質問は@charizard_666まで