燃え尽き症候群

ポケモンの構築を書きます

【S10最終2146】炎のミミッキュスタン【最終5位】

【構築経緯】
ゴツメカバ入りの構築が増加しているように感じたため、ミミッキュ+リザードンXの役割集中が通しやすいと感じその二体から構築をスタート。
最初はミミッキュを先発適正の高い呪い身代わりミミッキュZの型で採用したが、ミミッキュで削り裏を通すといった選出パターンばかりでミミッキュを通すルートが取りにくいことに加えてゲンガーやカビゴンなどが非常に重くなってしまったため剣舞ミミッキュZ型で採用した。
ただ、剣舞フェアリ ー型のミミッキュではカバルドンランドロス等の物理受け、テッカグヤナットレイ等の鋼との偶発対面でアドバンテージを取りにくく、引かざるを得ないため初手に出すことが難しい。
そこでミミッキュに「鬼火」を採用。これによって初手でこれらのポケモンと対面しても最低限の仕事が可能になる他、裏のポケモンと合わせて詰めに用いること等も可能になるため非常に選出パターンが柔軟になる。
続いてミミッキュの鬼火とシナジーがあり、メガリザードンXと相性のいい身代わりビルドアップランドロスを採用。
ここまでの並びではゲッコウガボーマンダがかなり怪しくなってしまうため、それらに構築単位で優位を取れて鬼火とも比較的相性のいい身代わりポリゴン2を採用した。
ここまで重いメガゲンガーやカプ・コケコなどの高速高火力ATへの回答としてスカーフカプ・テテフを採用。最後に鋼枠兼リザードンが出しにくい場合の裏メガとしてメタグロスを採用し構築が完成した。

f:id:masqueradepoke:20180710203333j:plain

【単体紹介】

f:id:masqueradepoke:20180710203221g:plain

リザードン@リザードナイトX

性格:意地っ張り

特性:猛火→硬いツメ

技構成:逆鱗、フレアドライブニトロチャージ、剣の舞

実数値:153-200(252)-131-×-106(4)-152(252)

ミミッキュカプ・テテフ等の強力なフェアリータイプと非常に相性のいいメガ枠。
ステロカバルドンドヒドイデが重かったため、今回は意地っ張りで採用した。
選出段階でミミッキュを通すかこのポケモンを通すかを考える。

f:id:masqueradepoke:20180710203200g:plain

ランドロス@バンジの実

性格:腕白

特性:威嚇

技構成:地震、身代わり、撃ち落とす、ビルドアップ

実数値:196(252)-165-138(124)-125-117(132)-111

崩し性能と詰め性能を備えた欲張りポケモン
ミミッキュの鬼火と合わせることで身代わりがカバルドンの氷の牙を耐えたりメタグロスを起点にしたり出来る。
鋼全般にかなり強めなためスカーフカプ・テテフともそれなりに相性がいい。

f:id:masqueradepoke:20180710203053g:plain

カプ・テテフ@こだわりスカーフ

性格:控えめ

特性:サイコメイカ

技構成:サイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール

実数値:145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

スイーパー+高速ATへの回答。
今期のウルガモスは遅くて火力がないものが殆どだったため、このポケモンで止めることが出来た。
ランドロスと電気が対面した時に比較的安定した引き先になれるのも魅力。

f:id:masqueradepoke:20180710203025g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

性格:控えめ

特性:ダウンロード

技構成:冷凍ビーム、ほうでん、身代わり、じこさいせい

実数値:191(244)-×-114(28)-143(36)-118(20)-103(180)

ゲッコウガギルガルド、その他耐久ポケモンを後無げから処理する枠。
ウルガモスのいないカバマンダに対しては非常に強力だった。
鬼火と合わせることでナットレイテッカグヤ等にも身代わりが残せるようになり、残飯ギルガルドに対してもPPを心配せず立ち回ることが可能になった。
最近になって毒ゲッコウガなどにより逆にメタられることが増えたためこの枠は検討が必要。

f:id:masqueradepoke:20180710203000g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

性格:陽気

特性:クリアボディ→硬いツメ

技構成:アイアンヘッド、冷凍パンチ、岩雪崩(雷パンチ)、地震

実数値:155-197(252)-170-×131(4)-178(252)

リザードンが出しにくい場合の裏メガ。
当初はリザードンYやウルガモスに刺さる雪崩を採用していたがリザードンYはCSばかりでウルガモスはそもそも先に展開されると意味がない他火力のないものが多く、テテフ出しで間に合うパターンが多かったため、最終的にはカグヤや重いギャラゲッコウガに刺せる雷パンチを採用。


f:id:masqueradepoke:20180710202940g:plain

ミミッキュ@ミミッキュZ

性格:意地っ張り

技構成:じゃれつく、影うち、剣舞、鬼火

実数値:161(244)-143(156)-106(44)-×-127(12)-123(52)

H-B 特化メガラグラージの雨下滝登りを75%で耐え
H-D 155ゲッコウガハイドロカノンZを93.7%で耐え

構築の出発点。
対応範囲を出来る限り広げるために特殊方面にも厚く降った。
これによりゲッコウガのカノンZやステロ+テテフのフィールドサイキネを耐えたりすることが可能となったため扱いやすかった。
ガルーラ軸に対してはテテフやリザードンに飛んで来るノーマル技にこのポケモンを合わせて皮を残したまま鬼火を撃つことにより対応していた。
キノガッサが重めであったためSは準速70族抜き調整。
この調整によってABミミッキュ意識のSラインを抜いて上から行動出来るといった思わぬ副産物もあったため正解であったと思う。
鬼火外しやじゃれつく外しによる負けはご愛敬。

【結果】

最終レート2146 5位
f:id:masqueradepoke:20180710202653j:plain

【S9最終2172】鋼ガチアンチスタン【9位】

【構築経緯】
耐久に厚い木の実ウルガモスメガゲンガーなどの展開系統の構築が増加傾向にあると感じ単体であればそれらを上から処理できるスカーフテテフを主軸として採用した。しかしスカーフテテフだけではそれらに鋼を絡めたサイクルに対し後手に回ってしまう。そこで鋼タイプを交えたサイクルを相手から見えない方向から崩すことを意識して取り巻きを選んだ。
これらの範囲による崩しのみではクレセリアポリゴン2等の数値受けに対してかなり怪しくなってしまう。そこでそれらに強く出れる激流ゲッコウガ、剣舞キノガッサを採用しサイクル系全般に不利を取らないようにした。

f:id:masqueradepoke:20180515175907j:plain





【単体紹介】

f:id:masqueradepoke:20180313103507g:plain

リザードン@リザードナイトX

性格:陽気

特性:猛火→硬いツメ

技構成:逆鱗、雷パンチ(フレアドライブ)、ニトロチャージ、剣の舞

実数値:167(108)-168(144)-131-×-106(4)-167(252)

メガ枠

ランドと組ませているとXだと読みやすいせいかレヒレを後投げされることが非常に多かったので雷パンチを採用した。これにより鋼から炎技読みでレヒレを投げるPTにはeasy winを決めることができる。しかし、フレドラを切るとミミッキュに非常に弱くなってしまう点、メタグロスの岩技持ちが増加しリザードンに突っ張ってくることが多かった点がレートが上がるに連れて響くようになってきたため2130付近からはフレアドライブを採用した。


f:id:masqueradepoke:20180123151218g:plain

ランドロス@バンジの実

性格:腕白

特性:威嚇

技構成:地震、身代わり、撃ち落とす、ビルドアップ

実数値:196(252)-165-138(124)-125-117(132)-111

物理受け+ランドミラーへの回答+崩し
スカーフテテフ@1の選出ではステルスロックを絡めたテッカグヤナットレイ等のサイクルに不利を取ってしまう。そこでそれらを呼んで逆に起点にすることのできるポケモンを考えた。
このポケモンによってテッカグヤ、吹き飛ばしのないエアームドランドロスランドロスを誤魔化しているPTにはeasy winを狙うことが出来た。
副産物として対襷ランド展開で初手で身代わりを残せるためほとんど2対1以上の状態を作り出すことが出来る。
ボーマンダも苦しいが舞恩返しであれば相手に出来るので非常に強力だった。

かなり耐久に割いているが最速カグヤを抜けるまでSに振ったほうが賢いかもしれない。


f:id:masqueradepoke:20180123150519g:plain

カプ・テテフ@こだわりスカーフ

性格:控えめ

特性:サイコメイカ

技構成:サイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール

実数値:145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

スイーパー兼ストッパー。
上から一貫性の高い超火力で攻めていけるのは強すぎた。
眼鏡読みをしてきた相手に1ターンでゲームを終わらせることが出来るのも魅力。
全体的にミミッキュを舐めているため控えめでの採用





f:id:masqueradepoke:20180123151148g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

性格:意地っ張り

特性:クリアボディ→硬いツメ

技構成:思念の頭突き、バレットパンチ地震アームハンマー

実数値:171(124)-210(204)-170-×131-153(180)

耐久はミミッキュのゴーストZ耐え
思念の頭突きで裏のカバルドンを飛ばせるのに魅力を感じ採用。(HB特化だと乱数....)
構築のコンセプト上ナットレイギルガルドに刺さるアムハン地震は抜けず重いフェローチェアーゴヨンを縛るバレパンは必須であると考えアイアンヘッドを採用していないが、思念の一貫性が高いためそこまで気にならなかった。(強いて言うならメガラティアスに有効打がなくガン起点にされた程度)





f:id:masqueradepoke:20180123151123g:plain

ゲッコウガ@水Z

性格:臆病

特性:激流

技構成:ハイドロカノン、熱湯、水手裏剣、身代わり

実数値:147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

水枠。
物理受けに繰り出し、身代わりで補助技を透かしつつか激流圏内に入れて殴っていく。
前述のリザードンカプ・レヒレギャラドスを倒してからこのポケモンを通す動きが非常に強力だった。


f:id:masqueradepoke:20170912002712g:plain

キノガッサ@気合いの襷

性格:意地っ張り

特性:テクニシャン

技構成:種マシンガン、マッハパンチ、きのこの胞子、剣の舞

実数値:135-200(252)-101(4)-72-80-122(252)

特に語ることもない普通のキノガッサ
めんどくさいカビゴンポリゴン2入りに非常に高い圧力をかけられるのが強かった。
最強ポケモンゲッコウガに強いのも高評価。
ミミッキュに対してはかなり運ゲ。

【結果】
Vasto lordeロム
最終2172 9位

くぼたいとロム
爆散

【ヤバイ】フルアタゲンガーで崩壊スタン【最終2110】

【構築経緯】
今期もカプ・テテフ+ランドロス+リザードンの並びを使うことにした。
前期終盤からテテフの一貫を激流ゲッコウガで切る並びが増加していたため、眼鏡テテフを軸にする上でゲッコウガに後無げから切り返せる駒は必須であると考え身代わりを所持したポリゴン2を採用した。

その他のポケモンの採用理由は前期とほぼ同じ


f:id:masqueradepoke:20180313104044j:plain


【単体紹介】

f:id:masqueradepoke:20180313103507g:plain

リザードン@リザードナイトX

性格:意地っ張り

特性:猛火→硬いツメ

技構成:逆鱗、フレアドライブニトロチャージ、剣の舞

実数値:153-200(252)-131-×-106(4)-152(252)

メガ枠

受けルや受けサイクルを崩す手段が乏しいため今回もXで採用。

コケコから展開するPTはこのポケモンを初手に出して強引に展開することによってイージーウィンを狙うことが出来た。



f:id:masqueradepoke:20180123151218g:plain

ランドロス@バンジの実

性格:呑気

特性:威嚇

技構成:地震、とんぼ返り、岩石封じ、ねごと

実数値:196(252)-165-156(252)-125-102(4)-99

普通の木の実ランドロス
ミミッキュリザードンXに対して後投げ出きる駒。
キノガッサが非常に重かったため寝言を採用していたがそもそも運頼りであること、バレていた場合に剣舞を押されたりすることからあまり安定しなかった。
ミラーで後攻蜻蛉を押すために呑気で採用していたが速いギルガルドに嵌められてまうことが多かったので腕白にしてSラインは109あたりまで伸ばしたほうが扱いやすいかもしれない。


f:id:masqueradepoke:20180123150519g:plain

カプ・テテフ@こだわりメガネ

性格:控えめ

特性:サイコメイカー

技構成:サイコキネシスサイコショックムーンフォース、めざめるパワー(炎)

実数値:175(236)-×-116(164)-166(4)-148(100)-116(4)

この構築の軸
H-Bライン...216メガボーマンダの捨て身タックルを87.5%で耐え
H-Dライン...222メガゲンガーのヘドロ爆弾を75%で耐え

ここまで耐久に割くことによって等倍ならば特殊物理共にだいたい耐えることが出来るようになり、非常に高い対面性能を実現した。
基本的に裏にクッションを置いてから初手に出して数的有利を取れるように動かす。

対面に余裕があるときは積極的に裏を読んでムーンフォースやめざ炎押していた。

ランドロスのとんぼ返りから負荷を与える動きが非常に強力であったが今期は悪でロックする動きがかなり普及しており、以前よりも通し辛さを感じた。


f:id:masqueradepoke:20180123151148g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

性格:陽気

特性:クリアボディ→硬いツメ

技構成:アイアンヘッド、冷凍パンチ、雷パンチ、地震

実数値:155-197(252)-170-×131(4)-178(252)

普通のメタグロス
後述のゲッコウガポリゴン2と合わせて用いることにより数値受けが存在するPTにも臆することなく選出できた。

メガゲンガーが非常に重かったため222シャドボ耐えまで振ったほうが良かったかもしれない。

f:id:masqueradepoke:20180123151123g:plain

ゲッコウガ@水Z

性格:臆病

特性:激流

技構成:ハイドロカノン、熱湯、どくどく、身代わり

実数値:147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

水枠。
物理受けに繰り出し、身代わりで補助技を透かしつつか激流圏内に入れて殴っていく。
前期まではリザードンと相手のカプ・テテフの対面での比較的安定した引き先になっていたが、今期はこの動きがかなり認知されておりムンフォを撃たれる場面が多かった。
どくどくはスイクンギャラドス等のタイプ受けを咎めるために採用。
その他にもZを消費した後の崩しや裏のポリゴン2ランドロスと合わせ詰めていくことにも用いることが出来るため非常に便利な技だった。

f:id:masqueradepoke:20180313102316g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

性格:控えめ

特性:ダウンロード

技構成:トライアタック、ほうでん、身代わり、じこさいせい

実数値:191(244)-×-110-143(36)-115-109(228)

ゲッコウガギルガルド、その他耐久ポケモンを後無げから処理する枠。
Sはほとんどの残飯ギルガルドや遅いカプ・レヒレスイクンを抜けるライン。
これより速いギルガルドは切っていた。


【結果】
メイン 最高最終2110
サブ 爆散

ゲンガーがめちゃくちゃ重かった。

【S7最高2203】月牙天衝リザグロス【最終8位】

f:id:masqueradepoke:20180124185451j:plain

【構築経緯】
新環境が開幕したシーズンであり、環境の中心が定まっていなかったため環境に存在するほとんどの並びに不利を取らないことを意識して組んだ。

そこで圧倒的な受け辛さと対面性能を誇る耐久振りf:id:masqueradepoke:20180124180228p:plain@ 眼鏡を主軸とすることにした。

しかしカプ・テテフと環境最強の一角であるf:id:masqueradepoke:20180124174515p:plainf:id:masqueradepoke:20180124174535p:plainとの偶発対面が出来てしまうとPTが崩されてしまいかねない。

そこでそれらに後投げから確実に一回の行動が保証されるf:id:masqueradepoke:20180124175606p:plainを採用。

この2匹ではf:id:masqueradepoke:20180124190236p:plainf:id:masqueradepoke:20180124190249p:plain等の鋼を交えたサイクルに相手にしたとき後手に回ってしまうためそれらに対して強引な崩し性能を持ったf:id:masqueradepoke:20180124191031p:plainをメガ枠とした。

ここまでの並びで辛いf:id:masqueradepoke:20180124180259p:plain+f:id:masqueradepoke:20180124180316p:plain等のタイプ受けサイクルや環境トップのメガ枠であるf:id:masqueradepoke:20180124180352p:plainに強めなf:id:masqueradepoke:20180124181336p:plainを裏のメガ枠に採用。

ここまでの並びでは対炎に不安が残る。
そこで炎タイプ全般に対面から大きな圧力を与え、f:id:masqueradepoke:20180124181652p:plainが止められてしまうf:id:masqueradepoke:20180124182046p:plainf:id:masqueradepoke:20180124180825p:plainf:id:masqueradepoke:20180124180858p:plainf:id:masqueradepoke:20180124180923p:plainを纏めて崩すことが出来きる激流f:id:masqueradepoke:20180124181049p:plainをZ枠として組み込んだ。

最後にこの5体で重いf:id:masqueradepoke:20180124181633p:plainへの解答及びがカプ・テテフが相手のメタグロスと対面したときの引き先の一つとしてf:id:masqueradepoke:20180124182101p:plain@スカーフを採用した。

副産物としてサイコフィールドと合わせて環境に多めのf:id:masqueradepoke:20180124182156p:plain+f:id:masqueradepoke:20180124181842p:plainをほぼ完封することも出来た。


【単体紹介】

f:id:masqueradepoke:20180123151245g:plain

リザードン@リザードナイトX

性格:意地っ張り

特性:猛火→硬いツメ

技構成:逆鱗、フレアドライブニトロチャージ、剣の舞

実数値:153-200(252)-131-×-106(4)-152(252)

メガ枠
剣舞で強引に崩していく動きとニトロチャージで抜いていく動きを臨機応変に使い分けることが出来る。
このポケモンで鋼タイプを崩してカプ・テテフを通す動きが非常に強力であった。
炎が通らない鋼であるf:id:masqueradepoke:20180124182252p:plain入りサイクルに選出する場合は、相手の裏を見てから剣舞逆鱗で無理矢理崩してテテフを通すかテテフで削ってリザードンを通すか判断する。
また、メガ前のタイプから相手のf:id:masqueradepoke:20180124182348p:plainにサイキネを強要させるためf:id:masqueradepoke:20180124182402p:plainを無償降臨させることも出来る。

終盤に増加した受けループにはこのポケモンでかなり有利に立ち回ることが出来た。



f:id:masqueradepoke:20180123151218g:plain

ランドロス@突撃チョッキ

性格:呑気

特性:威嚇

技構成:地震、とんぼ返り、岩石封じ、めざめるパワー(氷)

実数値:195(244)-165-156(252)-125-102(12)-99

ちょっと変わったランドロス
SM環境ではB補正をかければ特化せずともある程度余裕を持ってf:id:masqueradepoke:20180124182439p:plainに後投げすることが出来たため、物理耐久と最低限の特殊耐久の両立が可能であった。

しかし、USMからミミッキュZが登場したことにより後無げを安定させるためにはほぼHBに振り切ることが必要になってしまった。
そこでミミッキュZを耐える物理耐久と役割遂行に必要な特殊耐久を両立させるために突撃チョッキを持たせた。

これによって+1ミミッキュZは勿論f:id:masqueradepoke:20180124182859p:plainシャドーボールZ+かげうちやf:id:masqueradepoke:20180124182930p:plainヘドロウェーブ+ドラゴンZを耐えることが可能となり、クッションとしての性能を底上げすることが出来た。

リザードンがどちらでも対面から勝てるようになるのも魅力。

突撃チョッキを持たせているため毒やビルドアップ等の補助技を採用出来ないのでミラーやボーマンダに起点にされるのを回避するためにめざ氷を採用。
実際にランドロスランドロスを後投げするプレイングをされることが多く刺さりは良かった。

めざパ採用のためSラインを落としているが岩石封じで準速ミミッキュまでは抜けるためあまり気にならなかった。
むしろミラーやf:id:masqueradepoke:20180124183146p:plain対面で下から蜻蛉返りをうち、安全に対面操作できるメリットのほうが大きいように感じた。

f:id:masqueradepoke:20180123150519g:plain

カプ・テテフ@こだわりメガネ

性格:控えめ

特性:サイコメイカー

技構成:サイコキネシスサイコショックムーンフォース、めざめるパワー(炎)

実数値:175(236)-×-116(164)-166(4)-148(100)-116(4)

この構築の軸
H-Bライン...216メガボーマンダの捨て身タックルを87.5%で耐え
H-Dライン...222メガゲンガーのヘドロ爆弾を75%で耐え

ここまで耐久に割くことによって等倍ならば特殊物理共にだいたい耐えることが出来るようになり、非常に高い対面性能を実現した。
基本的に裏にクッションを置いてから初手に出して数的有利を取れるように動かす。

対面に余裕があるときは積極的に裏を読んでムーンフォースやめざ炎押していた。
めざめるパワー(炎)を気合玉に変更すればナットレイだけではなくヒードランに対しても高い負荷を与えることが出来るが命中が不安定であるということ、そもそもヒードランに対してはサイキネを対面から2発以上撃てることから採用を見送った。

ランドロスのとんぼ返りから負荷を与えたり、メガ枠と合わせて役割集中的な動かし方が出来たりと臨機応変な使い方が出来る万能ポケモンであった。


f:id:masqueradepoke:20180123151148g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

性格:陽気

特性:クリアボディ→硬いツメ

技構成:アイアンヘッド、冷凍パンチ、雷パンチ、地震

実数値:155-197(252)-170-×131(4)-178(252)

普通のメタグロス
数値受けがいないPTや相手のメタグロス入りに対して裏を絡めることによって圧倒的な強さを誇った。
また、最強の運勝ち製造ポケモンであり、無理な並びもこいつで誤魔化して拾えることが多かった。
f:id:masqueradepoke:20180124183937p:plainが構築にいないが、f:id:masqueradepoke:20180124183924p:plain入りサイクルが特に重めであったのとリザードンとテテフが炎打点を持っていることからf:id:masqueradepoke:20180124183843p:plainで詰むケースはそこまでないと判断しアームハンマーではなく雷パンチを採用。


f:id:masqueradepoke:20180123151123g:plain

ゲッコウガ@水Z

性格:臆病

特性:激流

技構成:ハイドロカノン、熱湯、水手裏剣、身代わり

実数値:147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

対炎兼メタグロスが止まるポケモンの崩しとして採用。
物理受けに繰り出し、身代わりで補助技を透かしつつか激流圏内に入れて殴っていく動きが非常に強力であった。
また身代わりによって自発的に激流を発動させることによってf:id:masqueradepoke:20180124184952p:plainf:id:masqueradepoke:20180124185005p:plainf:id:masqueradepoke:20180124185618p:plainf:id:masqueradepoke:20180124185643p:plainなどの強力なポケモンに対面から勝てるようになる。
また、変幻自在と異なり悪タイプが残るためリザードンと相手のカプ・テテフの対面での比較的安定した引き先にもなる。
相手のカバリザテテフグロス等にはメタグロスよりもリザードンを選出したほうが有利を取れることが多いためこの動きはかなり多用していた
冷凍ビームを切っているが撃ちたい相手はほぼ裏で対応出来るためあまり気にならなった。



f:id:masqueradepoke:20180123151017g:plain


カミツルギ@こだわりスカーフ

性格:意地っ張り

特性:ビーストブースト

技構成:リーフブレード、スマートホーン⇔叩き落とす、聖なる剣、サイコカッター

実数値:135(4)-256(252)-151-×-51-161(252)

f:id:masqueradepoke:20180124184306p:plainを後ろから止める枠
また、f:id:masqueradepoke:20180124184326p:plainf:id:masqueradepoke:20180124184345p:plainf:id:masqueradepoke:20180124184359p:plain+メガのような並びに対してテテフから展開することによって初手にどのポケモンが来てもかなり有利に対応することが出来る。

リーフブレードでカプ・コケコをゲッコウガの手裏剣×2圏内にいれたりアーゴヨンをサイコカッターで高乱数で落とすために意地っ張りで採用していたが、ミラーや準速スカーフゲッコウガを考慮すると陽気のほうが良かったかもしれない。

ミミッキュへの遂行技としてスマートホーンを採用していたがリフブレで十分威力が足りていること、ほとんどのミミッキュは逃げることから終盤は叩き落とすと入れ変えながら使っていた。
叩き落とすは後投げされやすいクレセリアのゴツメやギルガルドの残飯などを無効化することが出来、ダメージレースを有利に進める上で非常に便利だった。

上からランク無視の聖なる剣を撃てるためf:id:masqueradepoke:20180124184845p:plainf:id:masqueradepoke:20180124184825p:plainの簡易的な対策にもなる。

スカーフ持ちでありながら剣舞Z型の崩し性能の高さが印象的であるため安易な数値受けの後出しを許さない点は非常に強力であると感じた。(バレてるとめっちゃ弱い)

【結果】

くぼたいとROM
最終2203
f:id:masqueradepoke:20180123162542j:plain

Vasto Lorde ROM
最終2103

【S6使用構築その1】カバリザマンダガルド(最高2117)

【構築経緯】
環境に低速サイクルが増えているのでそいつらの上から身代わり出来る速いギルガルドが強いんじゃないかなーと思って組んだ
あと自慢のA0色ガルドが使いたかった



f:id:masqueradepoke:20171110214400j:plain


・単体紹介

リザードン@リザードナイト

性格:ひかえめ

実数値:175-×-112-209-136-138

技構成:大文字、ソーラービーム、めざめるパワー 、はねやすめ

ヒードラン以外の鋼入りサイクルに対しての圧倒的な制圧力を評価
はねやすめを採用したことにより、先にメガシンカして置けば雨乞い以外のカプ・レヒレやZ消費済みのギルガルドテッカグヤへの繰り出し回数が増えサイクル的な優位を取ることが出来た。
相手のリザードンYに強めなのも良い(エアスラと原始は無理)

カバルドン@ゴツゴツメット(バンジの実)

性格:腕白

実数値:215-132-187-×-92-68
技構成:地震、怠ける、ステルスロック、ふきとばし

リザードンや後述のボーマンダとの相性を評価して採用
氷の牙採用も考えたがオニゴーリやバトンパが重かったためふきとばしを選択した
欠伸を切っているがラスワン対面以外で困ることはなかった
ミミッキュに後投げした時に出来ることを増やせるようにバンジを持たせていたこともあったが、メタグロスに何も出来ずに突破される可能性があることを嫌い最終的にはゴツメで使っていた

ボーマンダ@ボーマンダナイト

性格:いじっぱり

実数値:197-191-151-×129-150

技構成:恩返し、地震、竜の舞、はねやすめ

カバルドンギルガルドとのサイクル性能を評価して採用
舞って全抜きするというよりもギルガルドが炎タイプや地面と対面した時のクッションとして選出する場合が多い。
身代わりが欲しい場面が多かったが構築で重いギルガルドヒードランの処理速度を速めるための地震は切れなかった。

ギルガルド@たべのこし

性格:ひかえめ

実数値:161-49-170-88-171-108

技構成:シャドーボール、どくどく、キングシールド、身代わり

構築の出発点。
このポケモンで殴りながら詰めるというパターンを取ることが非常に多かった。
生意気、図太い等の耐久振りも一考だが相手のギルガルドクチートに対する勝率を上げるためにひかえめHSベース。相手のサイクルに対する処理スピードを引き上げることも出来たので正解だったと思う。
環境に遅いヒードランギルガルドが増えていたためかなり扱いやすかったがグライオンがいただけで選出しにくくなってしまうため身代わりをめざ氷にするのもありかもしれない。

ゲッコウガ@拘りスカーフ

性格:やんちゃ

実数値:147-161-87-124-81-174

技構成:ダストシュート、いわなだれ、冷凍ビーム、蜻蛉返り

相手視点で初手にゲッコウガやカプ・コケコ、リザードンYを強く誘うと思い、それらを軒並みカモに出来るスカーフゲッコウガを採用。
ボーマンダウルガモスのストッパーにも慣れる優秀なポケモンであったがダストを外した時のケアが出来ないのが弱いと感じた。
蜻蛉帰りでミミッキュの皮を剥げるのは強かった。

カプ・テテフ@エスパーZ

性格:臆病

実数値:167-×-112-151-136-154

技構成:サイコキネシスムーンフォース、自然の怒り、挑発

対面構築に強めな枠
挑発+自然の怒りで受けループ等に対してもなかなか強めだった。
環境のガルーラは意地、リザードンがほぼ耐久振りであると踏んでこの調整(お祈りになってしまった)
BSに厚くしているためフェアリーZであればミミッキュにも対面で勝つことが出来るためガルミミガッサのような選出に対して非常に強力だった。

・選出
カバリザゲッコ→ゲッコウガで数的有利を取りカバリザで制圧

カバマンダガルド→カバとマンダをクッションにしながらギルガルドで殴りギルガルドで詰める

カバリザテテフ→対対面構築。テテフで1.5体倒しカバで詰めるorリザードンで殴り勝つ

テテフカバマンダ→主にグライオン入りサイクルに対する選出。テテフの怒りとカバのステロふきとばしで削りながらマンダで舞って崩していく。

・感想
命中不安定や被弾率が高く剥げた
地震オニゴーリが割りと無理

2100に乗った時の画像
この構築ではここから一勝しか出来んかった、、、



f:id:masqueradepoke:20171110224127j:plain




【S4最終2138】蜂火連天コントロール【最終16位】

・構築経緯
最初はリザードンYを通す並びを使いたいと思い組んだ。
リザYを通す上で弊害となるステルスロック持ちの多くを上から縛り、後続にも大きな圧力をかけられる水Zゲッコウガを起用
回している内に水Zゲッコウガが想像以上に刺さっていると感じたためPT単位で水Zゲッコウガを通す形に変更した。

リザYとゲッコウガの2体ではカプ・コケコに弱すぎるため対面操作をしつつ、カプ・コケコに対してある程度の後出しが安定するHDオボンランドロスを採用した。
ここまで重いロトムポリゴン2+鋼のサイクルに対して大きな負荷を与えることが出来る駒として眼鏡カプ・テテフを組み込み、ウツロイド入り等のリザードンが出せないときのメガ枠としてゲッコウガとの攻撃補完に優れゴツメカバ等を誘うメガメタグロスを採用。
最後に重いメガギャラドスや催眠の牽制、終盤のスイーパーとしてカプ・コケコが挙がった。

f:id:masqueradepoke:20170718054720j:plain

・単体紹介

f:id:masqueradepoke:20170718055547g:plain

リザードン@リザードナイトY

技構成:かえんほうしゃソーラービーム、めざめるパワー氷、オーバーヒート

性格:控えめ

特性:日照り

http://hakusyakuku.hatenablog.com/entry/2017/03/22/213718←調整はこちらの記事を参考にさせて頂いた

環境に多いメガシンカ枠であるボーマンダメタグロスとの偶発対面で強気に行動出来るよう耐久振り。
制圧力が非常に高く、有利対面で放射を押しているだけで終わった試合も少なくなかった。



f:id:masqueradepoke:20170718062014g:plain

ゲッコウガ@ミズZ

技構成:ハイドロカノン、めざめるパワー炎、冷凍ビーム、水手裏剣

性格:臆病

特性:へんげんじざい

実数値:147-×-88(4)-155(252)-91-191(252)

この構築の軸。
如何にこのポケモンを通すか考えて立ち回る。
水技と前述のリザードンの日照りがアンチシナジーに見えるが先発起用が多かっためあまり気にならなかった。
ハイドロポンプZではメガバシャーモの守るやテッカグヤに対するダメージが不安なため水技にはハイドロカノンを採用した。
ハイドロカノンZと手裏剣×3で守ったメガ馬車がだいたい死ぬ。
環境に馬車バトンやマンダナットが非常に多くとても通りが良かった。

f:id:masqueradepoke:20170718064009g:plain

ランドロス@オボンのみ

技構成:じしん、がんせきふうじ、とんぼがえり、ステルスロック

性格:しんちょう

特性:いかく

実数値:196(252)‐166(4)‐112(12)‐/‐143(236)‐112(4)

コケコ受け兼クッション。
このポケモンの後攻蜻蛉からゲッコウガリザードン、カプテテフの火力を押し付けていく動きが非常に強力だった。
特殊耐久はコケコのめざ氷をオボン込みで2耐えできる程度。
ギルガルドの霊Zやメガネヒードランに対しても受け出しが効くため後述のテテフと非常に相性が良かった

f:id:masqueradepoke:20170718065003g:plain

カプ・テテフ@こだわりメガネ

技構成:サイコキネシスサイコショック、10万ボルト(シャドーボール)、ムーンフォース

性格:控えめ

特性:サイコメーカー

実数値:175(236)-×-103(60)-194(212)-135-115

崩し枠
ポリ2等の数値受けに対して強気で立ち回る事が出来る。
鈍足鋼でこのポケモンを見ているPTに対してはDダウンを引いた瞬間ゲームが終わる。
受けルもこのポケモンで崩していた。


f:id:masqueradepoke:20170718065938g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

技構成:アイアンヘッド、れいとうパンチ、かみなりパンチ、地震

性格:ようき

特性:かたいツメ

実数値:155-197(252)-170-×-131(4)-178(252)

運勝ち製造マシン。
補完枠ではあるが想像以上に選出機会が多く役割を絞るより範囲を広めたほうがいいと思いこの構成。
対面性能の高さと広い技範囲から明確な受けポケモンがいないPTに対しては圧倒的な強さを誇った。
カプ・テテフのムンフォに後出ししてきたメタグロスに受け出して地震で処理したり、ギルガルド地震を撃ってカプ・テテフのサイキネ圏内に入れるといった動きが非常に強力だった。


f:id:masqueradepoke:20170718070718g:plain


カプ・コケコ@こだわりスカーフ

技構成:ワイルドボルトボルトチェンジブレイブバード、とんぼ返り

性格:陽気

特性:エレキメイカー

実数値:145-167(252)-106(4)-103-95-200(252)

素早さの暴力
催眠対策兼ストッパー兼スイーパー。
ゲンガーやウルガモスに対するダメージを意識して物理型で採用。
体力管理が難しいのがネックであったが突っ張るゲンガーをだいたい狩ることが出来たため正解だったと思う。
ガブリアスゲッコウガに対して安心して蜻蛉を押せるのも魅力の一つ。


・最終結
Arrancarロム2138
かめんロム2120
f:id:masqueradepoke:20170718130904j:plain
f:id:masqueradepoke:20170718130919j:plain

【2ロム2100到達構築】眼鏡レヒレ軸サイクル【最終2132】

皆さんお久しぶりです。
サンムーンが発売されてから初めてのレーティングバトルであるS1が終了しましたね。
需要があるかは怪しいところではありますがほぼ自己満足で構築を紹介したいと思います。



・個別紹介

f:id:masqueradepoke:20170117050837g:plain

カプ・レヒレ@拘り眼鏡

特性:ミストメイカー

性格:控えめ

技構成:ハイドロポンプなみのりムーンフォース、冷凍ビーム

実数値:177-×-139-156-151-107

今回の構築のスタート。
環境に多いガブリアスマンムーパルシェンギャラドス等のポケモンに対面から大きな圧力を掛けられると思い採用。
耐久と耐性が素晴らしく、Z技以外で弱点をつかれても大抵は耐えるので不利対面でもある程度無理矢理居座ることが出来る。また、ミストメイカーによって状態異常に頼った戦法に非常に強いため簡易的なサポートとしても機能した。

f:id:masqueradepoke:20170117052146g:plain

マンムー@突撃チョッキ

特性:雪隠れ

性格:意地っ張り

技構成:氷柱針、氷の礫、地震、地割れ

実数値:191-180-101-×-112-113

レヒレが電気と対面した時の引き先として採用。
電気に対して後投げから確実に仕事をするためにチョッキ。地割れはほぼポリ2ピンポイント。
ミストメイカーにより鬼火や催眠術を無効化できるためゲンガーやデンジュモクに対してかなり強気に立ち回ることができた。
氷の礫によって削れたガブリアスボーマンダを縛れるのも大きい。

f:id:masqueradepoke:20170117053839g:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

性格:陽気

技構成:捨て身タックル、竜の舞、羽休め、地震(炎の牙)

実数値:195-167-151-x-132-171

マンムーレヒレとの補完に優れたメガ枠。
今シーズン最強メガ枠の一角であるため、メタが厳しく上位では選出し辛かったが逆にメタの薄い構築には滅法強く、有利対面を取っただけでゲームが終わることも少なくはなかった。
この構築のマンダは舞わないと弱いため舞える相手を少しでも増やすために耐久振り。
最後の一枠は基本的に地震が推奨されるが、テッカグヤ入りにも選出出来るよう終盤は炎牙で使用した。

f:id:masqueradepoke:20170117055013g:plain

カプ・コケコ@デンキZ

特性:エレキメイカー

性格:臆病

技構成:10万ボルト、マジカルシャイン、ほえる(身代わり)、挑発

実数値:145-x-106-147-95-200

テッカグヤ対策兼展開阻止。
テッカグヤ入りや壁パに対してはとりあえず思考停止で投げて行ける。グロス、マンダ、ガルーラ、メガハッサム等を一撃で処理するため持ち物はデンキZ。
イーブイオニゴーリ用に吠えるを採用していたが上位にイーブイは殆どおらず、オニゴーリへはラスワン対面になると機能しないので終盤はテッカグヤ+ガブリアス+ガルーラのような並びに強気に出れる身代わりを採用した。

f:id:masqueradepoke:20170117061416g:plain

テッカグヤ@食べ残し

特性:ビーストブースト

性格:陽気

技構成:ヘビーボンバー、みがわり、やどりぎのたね、守る(火炎放射)

実数値:204-121-123-x-122-124

この構築で唯一ガルーラをまともに見れるポケモン。ガルーラ入りには必ず選出する。出来るだけ多くのポケモンの上から宿みが出来るように最速で採用。一応ガブリアスマンムー等を見ることが出来るが役割集中で削られてしまうとガルーラを通してしまうため出来る限り慎重に扱う必要がある。
最初は守るを入れて採用していたがこちらの宿り木を入れる前に相手のテッカグヤに身代わりを貼られると詰んでしまうため終盤は放射を採用。

f:id:masqueradepoke:20170117061656g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ(襷)

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

技構成:剣の舞、じゃれつく、シャドークロー、かげうち

実数値:131-156-100-x-125-148

化けの皮による行動保証が非常に強力なポケモン
この構築で重いジバコイルやテッカグヤを迅速に処理するためゴーストZで採用。
様々な構築を誤魔化すことが出来るためとても扱いやすかった。
とりあえず適当に剣舞しておけば仕事が出来る。

・基本選出
対対面構築....カグヤレヒレ(コケコ)マンムー
ほぼガルーラが初手に出てくるのでカグヤを初手に出し相手の後続によってレヒレ及びマンムーを繰り出し負荷をかけていく。
相手の並びによってテッカグヤの処理が面倒であると感じた場合又は電気の通りが良い時はレヒレではなくコケコを選出する。


対サイクル....ミミッキュレヒレ(コケコ)マンダ
ミミッキュ、レヒレで相手のサイクルを崩しマンダを通すことを狙う。この場合ミミッキュとレヒレは相手の並び次第では雑に扱うほうが良い。
ポリゴン2+テッカグヤ等ミミッキュとレヒレで崩すのが難しいと判断したPTにはコケコを選出する

対雨....コケコマンムーレヒレ
基本的にミミッキュとレヒレを見て雨は選出されないのでハッサム+コケコ等の裏選出にも対応出来るようボルチェンを許さないマンムーをストッパーとして選出。仮に雨を選出された場合1枠腐ることになるがコケコ+レヒレで基本的に対応可能であるので問題ない。

対壁....コケコレヒレカグヤ
コケコから入り展開を阻止し、裏のガルーラ、エーフィをカグヤで詰める。

・キツいポケモン

オニゴーリ....誰か対策ください

腕白、呑気テッカグヤ....ミミッキュで無理矢理処理するルートが取りにくい

ジバコイル....カグヤが陽気なのでチョッキでなくとも放射2発で落とせない

エアームド....コケコに強いやつと並ばれた時点で無理

・結果
TNかめん/Arrancarで潜ってました

かめんロム(この後80ほど溶かしました。。。)
f:id:masqueradepoke:20170117064056j:plain

Arrancarロム
最終レートは2132最終順位は37位でした
f:id:masqueradepoke:20170117141953j:plain


・終わりに
Z技やメガシンカの仕様変更、フィールド特性の登場等未知の環境で手探りのシーズンになりましたがなんとか2ロムで2100を達成することが出来ました。S2からはバンクが解禁されるそうなので楽しみです。